ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

長慶寺のあじさい2018、見頃や開花状況。

長慶寺のアジサイ、見頃や開花情報

長慶寺について

長慶寺は、大阪府泉南市にあります。
真言宗泉涌寺派のお寺です。

長慶寺は、海会寺の一院として開創されました。
聖武天皇の勅願、行基により建てられます。

その後、羽柴秀吉の根来攻めにより焼失。
観音堂だけが、唯一残りました。

慶長年間、豊臣秀頼の命により移築されます。
そして慶長の年号を逆にした「長慶寺」と付けられます。

本尊は、如意輪観音です。
行基が自ら作ったと伝わっています。

寺の秘仏で、普段は公開されません。
60年に1度だけ、御開帳されます。

大阪府のアジサイの名所で、「アジサイ寺」とも呼ばれています。
見頃の時期には、多くの人が訪れます。

そんな長慶寺へのアクセス方法は、電車とバスです。
電車の駅は、JR「新家駅」になります。

「新家駅」からコミュニティバスに乗車。
「市場青年会場前停留所」で下車、徒歩10分です。

駐車場も、完備しています。
車で行かれる方は、利用してはいかがでしょうか。

今回は長慶寺のあじさいの見頃や開花状況の紹介です。
また、拝観料金と拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



長慶寺のアジサイ、見頃や開花情報。

大阪府にも、あじさいの名所はいくつもあります。
長慶寺も、そんな紫陽花の名所の1つです。

長慶寺は、アジサイ寺と呼ばれるほど紫陽花が有名です。
境内のあちらこちらで、見る事が出来ます。

紫陽花の数は、約6,000株。
大阪府のアジサイの名所の中でも、数は多い方です。

f:id:sarunokinobori:20180509194906j:plain
(紫陽花のイメージ写真)

長慶寺は、石段や本堂前で咲きます。
また、2か所あるアジサイの谷でも見る事が可能です。

情緒ある風情を楽しみたいのなら、本堂がおススメです。
あじさい本来を楽しむのなら、アジサイの谷が良いかもしれません。

ぜひ、自分だけのお気に入りスポットを探し出して下さい。
美しいアジサイが、境内を彩っていますよ。

長慶寺のあじさいの見頃は、他とあまり変わりありません。
見頃の時期は、6月中旬から7月中旬になります。

例年の紫陽花の見頃の時期に、長慶寺に拝観してみて下さい。
様々な種類のアジサイが、楽しめます。

ただ、花の開花状況は、毎年変化します。
同じく紫陽花も、その年により開花状況は変わります。

例年なら見頃の時期なのに、今年は見頃を迎えていない可能性はなくはありません。

ただ、紫陽花の見頃は、長いのが良い所です。
全く咲いていないという事は、少ないと思います。

おススメは、6月下旬です。
ぜひ長慶寺に訪れて、アジサイに癒されて下さい。

長慶寺の拝観料金と拝観時間

長慶寺は、拝観料金が必要ありません。
また拝観時間も、特に決まっていないようです。

長慶寺のアクセス

長慶寺へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩10分。

電車の駅:JR「新家駅」。
最寄停留所:「市場青年会場前」。

あるいは、JR「和泉砂川駅」から徒歩25分。

f:id:sarunokinobori:20180515212821j:plain
(長慶寺の周辺地図)