ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

蓮沼ウォーターガーデン2018、料金や駐車場、混雑状況。

蓮沼ウォーターガーデンの概要

蓮沼ウォーターガーデンについて

蓮沼ウォーターガーデンは、千葉県山武市にあります。
千葉県最大級の屋外プールです。

千葉にある屋外プールの中で、口コミは上々です。
大人から子供まで楽しめるプールとして評判です。

プールが多彩なため、1日中遊んでも飽きる事がありません。
ウォータースライダーの種類も多いです。

蓮沼ウォーターガーデンは、九十九里浜に隣接しています。
海や公園内を、自由に行き来出来るのが特徴です。

小型テントの持ち込みは可能です。
ゆったりと休憩するには必需品なので、あれば持っていきましょう。

プール内には、売店があります。
飲食の持ち込みも可能です。

いつくかの駅から直通バスが出ています。
また駐車場も完備しています。

それでは、蓮沼ウォーターガーデンの紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、売店、割引情報も掲載しています。


【スポンサーリンク】



蓮沼ウォーターガーデンの料金や駐車場、混雑情報

蓮沼ウォーターガーデンの紹介です。

~営業時間と入場料金~

営業期間は、7月上旬から9月中頃(年によって変動)。

営業時間は、9時から17時です。
(11日から16日は、18時まで)

夏休み期間に、利用できるプールです。

プール入園料金は、以下の通りになっています。

まずは市内に住んでいる方の料金です。
大人:1,700円・高校生1,000円・小中学生400円・幼児200円(4歳以上)。

~プールなど種類~

1.渓流・沢

水深が浅く、流れが穏やかな場所です。

2.流れるプール(うず)

流れるプールです。

3.早瀬・浅瀬

水深が浅く、子供も楽しめます。
浅瀬は、日光浴にもってこいです。

4.水上アスレチック・ウォーターバルーン(とろ)

子供が遊べる遊具地帯です。

5.せせらぎ

あちこちから水が湧き出るプールです。
小さな子供も楽しめます。

6.みずうみプール

大きなみずうみプールです。

7.波のプール

うみをイメージした造波プールです。
力強い波と穏やかな波が楽しめます。

8.ジャブリンタウン

水のからくり工場です。

料金200円(1回20分)。

9.トドラーキッズスペース

巨大なバケツから大量の水が頭上に降り注ぐ「スーパースプラッシュ」。
でこぼこに囲まれた滑走面を滑る「キッズロデオ」など。

様々な設備で楽しむ事が出来ます。

料金200円(1回30分)

10.ウォータースライダー

様々なタイプのウォータースライダーがあります。

3人乗りのメガスライダー「スプラッシュシェイカー」。
垂直落下する「サンダースライダー」。

他にも「トルネードツイスト」や「ウィザードスライダー」が楽しめます。

割引券などの有無

特にありません。
前売り券でも、安くはなりません。

売店や食事

プール内に、売店があります。
メニューが充実しているので、オススメです。

飲食の持ち込みも可能ですので、節約のためお弁当の持ち込みもありだと思います。

お盆などの混み具合

気になるのが、混み具合です。
平日でも混雑しますが、広いので遊ぶ事が出来ます。

ただ、休憩場所を確保したい方は、早めに訪れた方が良いです。

休日(夏休み期間・お盆含む)は、大混雑します。
日陰を確保したい方は、開園前に行くのがオススメです。

蓮沼ウォーターガーデンの駐車場

蓮沼ウォーターガーデンには、駐車場が存在しています。
有料駐車場です。

普通車600円/1日。

蓮沼ウォーターガーデンへのアクセス

蓮沼ウォーターガーデンへの行き方です。

電車の利用する場合は、以下のアクセス方法が存在します。

JR「松尾駅」で下車。
そこから空港シャトルバスに乗車。

「蓮沼海浜公園第一駐車場」で下車

f:id:sarunokinobori:20180719191432j:plain
(蓮沼ウォーターガーデンプールの地図)