ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

ひたち海浜公園のコキアの紅葉2018、見頃と混雑状況。

ひたち海浜公園のコキアの紅葉、見頃と現在の状況

ひたち海浜公園について

ひたち海浜公園は、コキアの紅葉が楽しめます。
コキアは、みはらしの丘で紅葉する不思議な草です。

ひたち海浜公園は、茨城県を代表する観光スポットです。
花と緑に囲まれた都市公園になります。

広さは、約200haです。
その園内は、7つのエリアに分かれています。

みはらしエリア、樹林エリア、草原エリア、砂丘エリア、西口エリア、南口エリア、プレジャーガーデンエリアです。

この中でも人気が高いのが、みはらしエリアにある「みはらしの丘」です。
ネモフィラが咲き誇り、コキアが紅葉します。

ひたち海浜公園みはらしの丘へのアクセス方法は、JR「勝田駅」からバスと徒歩です。
最寄停留所は、「海浜公園西口」になります。

最寄停留所から徒歩です。
歩いてすぐに到着します。

駐車場もあります。

今回はひたち海浜公園みはらしの丘の紅葉の見頃と混雑状況の紹介です。
また、入園料金や開園時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



ひたち海浜公園のコキア、見頃と混雑状況

ひたち海浜公園は、四季折々の草花が楽しめる公園です。
特に人気が高いのが、春のネモフィラと秋のコキアです。

春になるとネモフィラが、みはらしの丘を青く彩ります。
秋になるとコキアが、みはらしの丘を赤く染め上げます。

f:id:sarunokinobori:20181025152122j:plain
(ひたち海浜公園のコキア)

紅葉する木は、イチョウやモミジなどです。

オススメポイントは、みはらしの丘です。
みはらしの丘で、コキアが真っ赤に色づきます。

モコモコとした紅葉したコキアが大地を真っ赤に染め上げる光景は、息を忘れる程の美しさです。

特に晴天に日は、青空に赤いコキアがとても映えます。

例年の紅葉の見頃の予想は、10月下旬になります。
色づき始めるのは、9月下旬からです。

ひたち海浜公園の混雑は、平日でも多くの人が訪れます。
土日祝日なると、平日以上に人が訪れて混雑する公園です。

土日祝日は、交通渋滞にご注意下さい。
公共交通機関の利用がオススメです。

ひたち海浜公園のコキアの現在の状況は、国営ひたち海浜公園のHPで随時確認可能です。

ひたち海浜公園の入園料金と開園時間

ひたち海浜公園は、入園料金が必要です。
大人:450円、中学生以下:無料。

開園時間は、9時30分から17時になります。

ひたち海浜公園のアクセス

ひたち海浜公園へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩すぐ。

最寄停留所:「海浜公園西口」。

f:id:sarunokinobori:20181025152113j:plain
(ひたち海浜公園みはらしの丘の周辺地図)