ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

一言主神社の彼岸花2018、見頃や開花状況。

一言主神社の彼岸花(曼珠沙華)、見頃や開花情報

一言主神社について

一言主神社は、奈良県の彼岸花の名所です。
境内というより、葛城古道の参道に彼岸花が咲き誇ります。

一言主神社は、奈良県県御所市にあります。
正式名称は、葛城坐一言主神社です。

地域の方々からは、「一言さん(※)」の名で親しまれています。
(※いちごんさん)

全国の一言主大神を祭神とする神社の総本社と言われており、願い事を一言で願ったら叶えてくれると伝わっている神社です。

一言主神社へのアクセス方法は、近鉄「御所駅」からバスと徒歩です。
最寄停留所は、「森脇」になります。

「森脇」から徒歩です。
歩いて5分ほどで到着します。

駐車場もあります。
無料で利用出来ます。

今回は一言主神社の彼岸花の見頃と混雑状況の紹介です。
また、拝観料金や拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



一言主神社の彼岸花(曼珠沙華)、見ごろや混雑状況

一言主神社では、奈良県で彼岸花を見る事が出来る神社です。
咲いている場所は、一言主神社の参道になります。

一言主神社の参道を端にある田んぼの畔などに、見頃の時期になると赤い彼岸花が咲き誇ります。

田んぼの畔が彼岸花で赤く染まる光景は、奈良県に秋の到来を告げているようです。

ただし、石段を上がった一言主神社の境内には、彼岸花は咲いていません。
一言主神社の参道で、美しく咲きます。

f:id:sarunokinobori:20180827231037j:plain
(彼岸花)

見頃の時期は、9月中旬から9月下旬です。
9月上旬頃から、少しずつ開花に向かいます。

彼岸花が見頃の時期ですが、平日休日問わず、それ程混雑はしません。

一言主神社の拝観料金と拝観時間

一言主神社は、拝観料金は必要ありません。

拝観時間も、自由です。

一言主神社のアクセス

一言主神社へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩5分。

最寄停留所:「森脇」

f:id:sarunokinobori:20180827231028j:plain
(一言主神社の周辺地図)