ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

九品寺(葛城古道)の彼岸花2018、見頃や開花状況。

九品寺の彼岸花(曼珠沙華)、見頃や開花情報

九品寺について

九品寺は、奈良県の彼岸花の名所です。
九品寺から少し北に移動した丘に、彼岸花は咲いています。

九品寺は、奈良県県御所市にあります。
浄土宗のお寺です。

九品寺を開いたのは、行基になります。
本尊は、阿弥陀如来です。

境内や裏山には「千体石仏」と呼ばれる多数の石仏があります。
楢原氏が南北朝の戦い時に、一族の身代わりとして奉納した石仏です。

九品寺へのアクセス方法は、近鉄「御所駅」からバスと徒歩です。
最寄停留所は、「楢原」になります。

最寄停留所から徒歩です。
歩いて5分ほどで到着します。

駐車場もあります。

今回は九品寺の彼岸花の見頃と混雑状況の紹介です。
また、拝観料金や拝観時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



九品寺の彼岸花(曼珠沙華)、見ごろや混雑状況

九品寺では、葛城古道の一角にあるお寺です。
その九品寺の周辺で、彼岸花は咲き誇ります。

九品寺の前にある十徳園で、萩と彼岸花を見る事が出来ます。
ただし、ここに咲く彼岸花の数は少ないです。

九品寺の北側に歩いて行くと、広場に出ます。
この広場に咲き彼岸花は、数も多く見応えがあります。

御所市も見渡せ、奥には大和三山も見る事ができる丘です。
遠くの山々と広がる青空、それを彩る彼岸花の光景は、絶景です。

f:id:sarunokinobori:20180828220009j:plain
(彼岸花)

見頃の時期は、9月中旬から9月下旬です。
9月上旬頃から、少しずつ花は開いていきます。

彼岸花が見頃の時期ですが、平日休日問わず、大混雑する程には人は訪れません。

九品寺の拝観料金と拝観時間

九品寺は、拝観料金は必要ありません。

拝観時間は、9時から16時となっています。

九品寺のアクセス

九品寺へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩5分。

最寄停留所:「楢原」

f:id:sarunokinobori:20180828215955j:plain
(九品寺の周辺地図)