ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

大磯ロングビーチのプール2018、料金や駐車場、混雑状況。

大磯ロングビーチのプールの概要

大磯ロングビーチについて

大磯ロングビーチは、神奈川県中郡大磯町にあります。
相模湾の海が一望できるリゾートプールです。

神奈川にある屋外プールの中で、口コミも上々です。
プールの種類も多く1日中楽しめます。

料金は、高いです。
料金が高めな分、平日は混雑はしません。

14時以降、入場料金が安くなります。
1日遊ばない方は、14時以降がオススメです。

オムツが取れていない幼児は、水遊び用のパンツ(プール用おむつ)を着用して、その上に水着を着用すればプールが利用できます。

プール内には、売店(レストラン)もあります。
飲み物の持ち込みは可能ですが、食べ物は禁止です。

最寄駅から直行バスが運行してます。
また、駐車場もあります。

それでは、大磯ロングビーチの紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、売店、割引情報も掲載しています。


【スポンサーリンク】



大磯ロングビーチのプールの料金や駐車場、混雑情報

大磯ロングビーチの紹介です。

~営業時間と入場料金~

営業期間は、7月上頃から9月中旬頃まで(年によって前後)。

営業時間は、9時から17時。

夏休み期間に、利用できるプールです。

プール入園料金は、以下の通りになっています。
大人:4,000円・中高生:2,800円・小学生2,200円・幼児:1,000円。

14時以降は、割引料金で利用出来ます。
大人:2,400円・中高生:1,800円・小学生1,200円・幼児:600円。

~プールなど種類~

1.波のプール

波が次々押し寄せてくる渚気分が味わえるプールです。

2.噴水こどもプール

直径20mの円形プールです。
水深30㎝と浅いので、子供が安心して遊べます。

3.競泳プール

ちびっこ水泳大会が催されるプールです。

4.ダイビングプール

1m、3m、5m、10m。
4つの高さから飛び込めるダイビングプールです。

5.流れるプール

のんびりと流れに身を任せて遊べるプールです。

6.ウォータースライダー

全長140mウォータースライダーです。

7.キッズウォーターパラダイス

緩やかな傾斜の大滑り台に、「びっくりバケツ」と「ウォーターシューター」の2種類の遊具が楽しめる子供向けの遊び場です。

割引券などの有無

14時から、割引価格で入る事が出来ます。

売店や食事

プール内には、レストラン(売店)があります。
食べ物の持ち込みは禁止です。

お盆などの混み具合

気になるのが、混み具合です。
平日は、比較的空いています。

休日(お盆含む)は、混雑します。

大磯ロングビーチの駐車場

大磯ロングビーチには、駐車場が存在しています。
有料駐車場です。

1,500円/1日になります。
8月の土日、お盆の時期は、2,000円/1日です。

大磯ロングビーチへのアクセス

大磯ロングビーチへの行き方です。

電車の利用する場合は、以下のアクセス方法が存在します。

JR「大磯駅」で下車。
そこから直行便に乗車します。

あるいはJR「大磯駅」JR「二宮駅」からタクシーです。

f:id:sarunokinobori:20180725145951j:plain
(大磯ロングビーチの周辺地図)