ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

西山御殿(西山荘)の紅葉2018、見頃と混雑状況。

西山御殿(西山荘)の紅葉、見頃と現在の状況

西山御殿(西山荘)について

西山御殿(西山荘)は、秋になると紅葉が楽しめます。
静寂に包まれた中、ゆったりと秋の訪れを感じられる場所です。

西山御殿(西山荘)は、茨城県常陸太田市にあります。
徳川光圀が、晩年を過ごした隠居場所です。

徳川光圀は、水戸藩二代目藩主になります。
「水戸黄門」の名で、世の中には知られている人物です。

光圀はこの場所で、「大日本史」の編さんの監修に当たりました。
現在は、国の史跡及び名勝に指定されています。

西山御殿(西山荘)へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、JR「常陸太田駅」になります。

最寄駅から徒歩です。
歩いて25分ほどで到着します。

車(タクシー)を利用すると、10分程です。

駐車場もあります。

今回は西山御殿(西山荘)の紅葉の見頃と混雑状況の紹介です。
また、入園料金や開園時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



西山御殿(西山荘)の紅葉、見頃と混雑状況

西山御殿(西山荘)は、徳川光圀が亡くなるまでの10年間を過ごした地です。

簡素な茅葺屋根の木造平屋建の造りの建物や四季折々の風景が楽しめます。

特に人気が高いのが、紅葉の季節です。
静寂の中ゆったりと、紅葉を眺める事が出来ます。

f:id:sarunokinobori:20180925175011j:plain
(紅葉)

紅葉する木は、数種類です。
イロハモミジやイチョウなどが色づきます。

オススメポイントは、観月山です。
観月山からの眺めは、見応えがあります。

例年の紅葉の見頃の予想は、11月上旬から12月上旬になります。
色づき始めるのは、10月下旬からです。

西山御殿(西山荘)の混雑は、平日は特に問題ありません。
土日祝日なると、人は訪れますが、紅葉は普通に楽しめます。

西山御殿(西山荘)の現在の状況は、「西山御殿(西山荘) 紅葉」でツイッターで検索すると、色づき具合や混雑の最新情報が手に入ります。

西山御殿(西山荘)の入園料金と開園時間

西山御殿(西山荘)は、入園料金が必要です。
大人:1,000円、小中学生:600円。

入場時間は、9時から16時になります。

西山御殿(西山荘)のアクセス

西山御殿(西山荘)へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩25分。

最寄駅:JR「常陸太田駅」。

f:id:sarunokinobori:20181023084456j:plain
(西山御殿(西山荘)の周辺地図)