ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

東原公園水泳場2018、料金や駐車場、混雑状況。

東原公園水泳場の概要

東原公園水泳場について

東原公園水泳場は、東京都青梅市にあります。
夏期限定で開放される市営プールです。

東京にある屋外プールの中で、口コミはまあまあです。
料金がとても安いと評判のプールです。

プールが大人200円、中学生以下が50円で利用出来ます。
利用時間も、18時までと長めです。

流水プールの他、ウォータースライダーも設定されています。
コインロッカーが、10円なのも安く良い点です。

プール内に売店はありませんが、外に売店があります。
飲み物の持ち込みは大丈夫ですが、食べ物の持ち込みは禁止です。

最寄停留所から徒歩2分ほどで到着します。
駐車場も完備していますが、夏期は混雑するのでオススメではありません。

それでは、東原公園水泳場の紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、売店、割引情報も掲載しています。


【スポンサーリンク】



東原公園水泳場の料金や駐車場、混雑情報

東原公園水泳場の紹介です。

~営業時間と入場料金~

営業期間は、7月中旬から8月31日頃まで(年によって前後)。

営業時間は、10時から18時。

夏休み期間に、利用できるプールです。

プール入園料金は、以下の通りになっています。
大人:200円・小中学生:50円です。

~プールなど種類~

1.流水プール

水が緩やかに流れるプールです。
周囲176.8m、幅5~7m、深さ110cm。

2.幼児プール

子供が遊べるプールです。
23m×17m、深さ10~50cm。

3.25mプール

25mのプールです。
25m×15m、深さ100~120cm。

4.ウォータースライダー

直線スライダー×3レーン。
曲線スライダー×1レーンあります。

割引券などの有無

特にありません。

売店や食事

プール内に、レストラン(売店)はありません。
プールの外に、売店があります。

また、食べ物の持ち込みは禁止です。
ただし、ペットボトルの飲み物は大丈夫です。

お盆などの混み具合

気になるのが、混み具合です。
平日でも混雑しますが、遊べない程ではありません。

休日(夏休み期間・お盆含む)は、混雑します。
早めに行動するのが、オススメです。

東原公園水泳場の駐車場

東原公園水泳場には、駐車場が存在しています。
無料で利用できる駐車場です。

ただし夏期は混雑するので、公共交通機関の利用がオススメです。

東原公園水泳場へのアクセス

東原公園水泳場への行き方です。

電車の利用する場合は、以下のアクセス方法が存在します。

JR「小作駅」で下車。
そこからバスに乗車。

今寺停留所で下車。
歩いて2分ほどで到着します。

f:id:sarunokinobori:20180716104124j:plain
(東原公園水泳場の周辺地図)