ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

竜神峡と竜神大吊橋の紅葉2018、見頃と混雑状況。

竜神峡と竜神大吊橋の紅葉、見頃と現在の状況

竜神峡と竜神大吊橋について

竜神峡では、竜神大吊橋の紅葉が美しいと評判です。
竜神大吊橋は、竜神峡に架かる歩行者用吊り橋になります。

竜神峡は、茨城県常陸太田市にある渓谷です。
関東の耶馬渓とも呼ばれています。

竜神峡は、竜神川を流れる渓谷です。
その竜神峡に架かる竜神大吊橋は、渓谷の見所のなっています。

竜神大吊橋は、茨城百景の1つです。
橋長は375m。地上高は100mもあります。

歩行者用吊り橋としては、日本最大規模を誇っています。
橋の上から眺める大自然の光景は、絶景の一言です。

竜神峡へのアクセス方法は、JR「常陸太田駅」「常陸大子駅」からバスと徒歩です。
最寄停留所は、「竜神大吊橋」になります。

最寄停留所から徒歩です。
歩いて20分ほどで到着します。

駐車場もあります。

今回は竜神峡の紅葉の見頃と混雑状況の紹介です。
また、通行料金や利用時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



竜神峡と竜神大吊橋の紅葉、見頃と混雑状況

竜神峡は、紅葉の季節が美しい場所です。
渓谷にはハイキングコースもあり、紅葉を眺めながら散策出来ます。

また、竜神峡紅葉まつりも開催されます。
新そばフェアや物産市、スタンプラリーが楽しめるイベントです。

f:id:sarunokinobori:20181022214227j:plain
(竜神大吊橋)

紅葉する木は、モミジなどです。

オススメポイントは、いくつもあります。
まずは、竜神大吊橋です。

竜神峡のシンボルとも言える竜神大吊橋では、秋のなると橋の周辺の木々が紅葉します。

竜神大吊橋から眺める山々の紅葉は、息の忘れる程の美しさです。
また亀ヶ淵の紅葉も、人気あります。

例年の紅葉の見頃の予想は、11月上旬から11月下旬になります。
色づき始めるのは、11月上旬からです。

竜神峡の混雑は、平日は特に問題ありません。
土日祝日なると、多くの人が訪れます。

また、11月13日(火)の茨城県民の日は吊橋の通行料が無料になります。
この日は、混雑するのでご注意下さい。

竜神峡の現在の状況は、「竜神峡 紅葉」でツイッターで検索すると、色づき具合や混雑の最新情報が手に入ります。

竜神大吊橋の通行料金と利用時間

竜神大吊橋は、通子料金が必要になります。
大人:310円、小人:210円。

利用時間は、8時30分から17時になります。

竜神峡と竜神大吊橋のアクセス

竜神峡と竜神大吊橋へのアクセス方法。

最寄停留所から徒歩20分。

最寄停留所:「竜神大吊橋」。

f:id:sarunokinobori:20181022214209j:plain
(竜神峡の周辺地図)