ぼっち観光、一人旅

ぼっちでも楽しめる全国の旅の情報をお届け。

【スポンサーリンク】

ほしだ園地の紅葉2018、見頃と混雑状況。

ほしだ園地の紅葉、見頃と混雑状況

ほしだ園地について

ほしだ園地は、大阪の紅葉の名所です。
紅葉や黄葉が、星のブランコなどから楽しめます。

ほしだ園地は、大自然を利用した自然公園です。
約100haの広大な敷地を誇ります。

園地には、ハイキングコースも整備されています。
輝くような新緑や色鮮やかな紅葉が楽しめます。

森林浴や軽いハイキングにも、最適な公園です。

また、人工壁のクライミングウォールも設置されています。
初心者や子供でも、気軽にクライミングが体験可能です。

ほしだ園地へのアクセス方法は、電車と徒歩です。
最寄駅は、京阪電車「私市駅」になります。

「私市駅」から徒歩です。
歩いて40分ほどで到着します。

有料駐車場もあります。
1時間200円、88台駐車可能です。

今回は、ほしだ園地の紅葉の見頃と混雑状況の紹介です。
また、入園料金や駐車場の営業時間も掲載してます。


【スポンサーリンク】



ほしだ園地の紅葉、見頃と混雑状況

ほしだ園地は、自然公園です。
山全体が、秋に紅葉や黄葉で彩られます。

大自然の紅葉をハイキングしながら楽しめるのが、ほしだ園地の紅葉の特徴です。

f:id:sarunokinobori:20180814171604j:plain
(ほしだ園地の紅葉)

紅葉する木は、数種類の紅葉です。
イロハモミジ、ヤマザクラ、コナラなどが紅葉します。

オススメポイントは、大きく分けると2つです。
星のブランコ(吊り橋)と展望スポットになります。

星のブランコは、延長280m、最高地上高50mの木床の吊り橋です。
木床版人道吊り橋としては、国内最大級を誇ります。

星のブランコから見る光景は、絶景の一言です。
紅葉の時期だけでなく、新緑の時期も楽しめます。

展望スポットは、大パノラマが楽しめる場所です。
星のブランコ、比叡山から北摂連山と京都市街まで見渡せます。

紅葉の見頃の時期は、11月中旬から12月上旬になります。
色づき始めるのは、11月上旬からです。

ほしだ園地の混雑は、敷地が広いので混雑はそれ程感じません。
ただし、道路や駐車場は、混雑します。

紅葉よりも駐車場や道路の混雑の方に、注意して下さい。
駐車場の営業開始時間の9時には、到着していた方が良いと思います。

ほしだ園地の入園料金と営業時間

ほしだ園地は、入園は無料です。
しかし、いくつかの施設で営業時間があります。

星のブランコ(吊り橋)の営業時間は、9時30分から16時30分です。

駐車場の営業時間は、9時から17時となっています。
駐車場は、200円/1時間で利用可能です。

紅葉の時期の駐車場は、混雑します。
ご注意ください。

ほしだ園地のアクセス

ほしだ園地へのアクセス方法。

最寄駅から徒歩40分。

最寄駅:京阪電車「私市駅」

f:id:sarunokinobori:20180814171555j:plain
(ほしだ園地の周辺地図)